プロポーズリング屋さんで使用する地金は「シルバー925」


プロポーズリング屋さんが使用する地金

プロポーズリング屋さんではシルバー925という地金を使用しています。

シルバー925とは、一般的に「シルバー」と呼ばれる素材です。
シルバー925の925という数字は銀の含有率(純度)のことで、92.5%のシルバーが含まれていることを表します。

では、残りの7.5%は?というと、銅などの金属を混ぜて銅と銀の合金にしてます。

どうしてシルバー100%で作らないのか?


シルバーという素材はとても柔らかく、アクセサリーには少し不向きな素材なので、ジュエリーとして使える強度にするために銅などの他の金属を混ぜ、合金にしています。

合金になることで銀は強度を持ち、ジュエリーとしても日常使えるような堅さになります。

シルバー925はスターリングシルバーとも呼ばれています。


シルバー925は別名「スターリングシルバー」とも呼ばれ、欧米のシルバー製品には925の代わりにSTERLINGの刻印が入っている者も多いようです。

スターリングという言葉には「価値のある」「本物」という意味があります。
シルバー925は92.5%の銀の含有率ですが、実は純銀として扱われているんです。

「価値のある」「本物」という意味を含んで使われていたことや、他の金属を少し混ぜないとなかなか銀として日常使用するのが難しいですから、シルバー925は「純銀」と見なされるようですね。

シルバー925はプラチナと比べて段違いに低価格


シルバー925の利点はプラチナなどと比べて段違いに低価格な所です。通常貴金属に使われる地金は1グラム単位で取引されますが、シルバーはその安さから1キロ単位で取引されています。

プラチナやゴールドと比べて地金をふんだんに使える為、デザインの自由度が増してしっかりとした作りが可能になっています。

そんな地金をプロポーズリング屋さんではジュエリーとして使用出来る地金として使用しています。

プロポーズリング屋さんを運営している弊社は、ブリリアントジュエリーという本物のダイヤモンドやプラチナを使った婚約指輪や結婚指輪を扱っていますが、シルバーは地金相場が安い為、商品自体の価格が1万円程度で提供出来ています。